<img src="/wp-content/uploads/2019/04/logo_fruit_w.png" />

樹木1本1本の作業記録をデータ化

青森県でりんご園を営む
もりやま園 と共同開発
果樹専用の生産工程可視化アプリ”Adam”から
さらに使いやすく、分かりやすいアプリを
Agrionからリリースしました


資料を請求する

Agrion果樹 とは…

青森県でりんご園を営む
もりやま園 と共同開発
樹木1本1本の作業記録をデータ化できる
果樹専用の生産工程可視化アプリです

Point1

ツリータグで品種と場所が誰でもわかる
樹木ごとに取り付けたツリータグで
どの品種がどこにあるのか、一目瞭然。
品種ごとに作業を指示したり、作業する場所を指示したり、
社長が農園にいなくても、従業員に仕事を任せられます。

Point2

スマートフォンで生産工程を記録
ツリータグのQRコードを読み取って樹木1本1本を識別。
樹木ごとに生産工程を記録して、従業員の作業成果を確認したり、
品種ごとに作業進捗が分かるようにします。

Point3

作業のデータを解析してPDCAを回す
経営を持続可能にするには、労働生産性を上げるための計画が必要です。
計画を実行し、得られた結果が計画とあっているか、
原因分析することが可能になります。