カワサキスマートコネクト連携オプション

カワサキスマートコネクト連携オプション

お茶生産者の生産データの管理が簡単に

カワサキ機工の防除機、摘採機から取得できる農薬散布量や刈り取り高さなどのデータがいつでもAgrionで確認できるようになりました。
また、Agrionに集約したデータはカワサキ機工の生葉受け入れシステム「データキーパー」に送信することができます。

01

農薬散布量・刈高さをAgrionで一元管理

Agrionは「カワサキスマートコネクト」から毎日データの収集を行います。そのデータをAgrionは登録されている圃場ごとに集計を行います。現時点で連携可能なデータは「農薬散布量」、「刈高さ」です。 連携された位置情報をもとに、どの機材がどの圃場で作業をしていたのかもAgrionで確認することができます。
カワサキ機工の機材に関するお問い合わせは最寄りの営業所にお問い合わせください。

農薬散布量・刈高さをAgrionで一元管理

02

機材のデータとAgrionの記録を生葉受け入れシステムに送信

Agrionに集約したデータはカワサキ機工が提供する「データキーパー」にボタン一つで送信できます。これにより、これまで手作業によるデータ入力の手間が削減される他、うち間違えなどのミスが減少することでデータの信頼性が向上します。 使用した農薬、肥料などもすべて茶工場でも管理できるようになります。

機材のデータとAgrionの記録を生葉受け入れシステムに送信

導入費用・対応機械に関するお問い合わせはこちら